ホーム > 新着情報&トピックス > 本学科チームがRoboCup 2013 世界大会に遠征

本学科チームがRoboCup 2013 世界大会に遠征

ROBO-13001-Affiche-A3-LR-EN本学科 升谷研究室では、世界的なロボットサッカー競技「RoboCup」を題材として、自律分散型ロボットシステムなどの研究に取り組んでいます。その一環として、2013年6月24~7月1日にオランダのアイントホーフェンにおいて開催される2013年の世界大会「RoboCup 2013 Eindhoven」に遠征します。

升谷研究室では、「ODENS」(オデンズ)というチーム名で2009年から毎年世界大会に出場しています。ロボカップには色々なリーグ(種目)がありますが、今回出場するのは、「小型ロボットリーグ」と「3Dシミュレーションリーグ」です.「小型ロボットリーグ」は2年ぶり、「3Dシミュレーションリーグ」は昨年に次いで2回目です。出場チームは以下のウェブページで確認することができます。

今回の遠征に参加しているのは、教員1名、大学院生2名、学部生4名の計7名です。6月24日に現地入りし、25日から準備を始め、27日から試合が行われます。各人の研究成果を発揮して良い結果が出せるように精一杯頑張ってきますので、是非皆様の応援をお願いいたします。なお、現地からの速報はFacebookの升谷研究室のページでお伝えする予定です。

このページのトップへ