ホーム > 進路情報

進路情報

就職の観点からの学科の特徴

本学科のカリキュラムでは、社会の基盤となる情報や通信の知識や技術を学ぶことができます。したがって、様々な分野に応用が効き、卒業生は社会の多方面で活躍することができます。
本学科では、3年生で卒業研究に取り組み、3年生の年度末にそれを終えます。このことは就職のためにも有利です。卒業研究を通じて自分を鍛え、自身と実践力を身に付けて就職活動へ向かうことができます。まだ、卒業研究を指導した教員が、学生ごとの資質を踏まえて就職の支援を行います。

2011年度卒業生の進路

前身のメディアコンピュータシステム学科の2011年度卒業生の就職率は90.2%でした。

  • 半数が情報通信業に就職しており、残りの半数は、卸売・小売業、製造業、サービス業、建設業など多岐に渡っています。
  • 大学院には6名が進学しました。

主な就職先

前身のメディアコンピュータシステム学科の2008~2011年度卒業生の主な就職先は以下の通りです。

情報通信業

アクティス、エクサ、STNet、NTTネオメイト、NTTデータ・フィナンシャルコア、システムディ、ソフトウェア・サービス、テイジイエル、データ・マネージメント、DTS、東海ソフト、トランスコスモス、ニッセイ情報テクノロジー、日本コンピューター・システム、日立システムエンジニアリングアンドソリューション、日立情報制御ソリューションズ、富士通エフサス、富士通マーケティング、フロム・ソフトウェア、ミエデンシステムソリューション、三菱電機情報ネットワーク、三菱電機メカトロニクスソフトウエア、Minoriソリューションズ、ユーエックスシステムズ

卸売・小売業

アイテック阪急阪神、エディオン、ALL Japan Solution、カーマ、兼松エレクトロニクス、神戸マツダ、ソレキア、東芝特機電子、トヨタカローラ南海、ファミリーマート、ヨドバシカメラ

製造業

シンクレイヤ、セガ、テクノ・セブン、東芝電波プロダクツ、日亜化学工業

サービス業

綜合警備保障

建設業

神鋼エンジニアリング&メンテナンス

公務

防衛省

このページのトップへ