ホーム > 開催案内

開催案内

なわてんに出展

2015年2月7日,8日に四條畷キャンパスにおいて開催される「なわてん」(大阪電気通信大学 総合情報学部 卒業研究展)に本学科の4年生と3年生が出展します.出展のタイトルは以下の通りです.是非お越しください.

  • 特別研究
    • 機械学習によるスマートフォンにおけるGUIユーザビリティの自動評価
    • 脳波による文字入力
    • Androidスマートフォンによるヒト型ロボットの歩行制御
    • 肝臓手術サポートのためのメス先端位置推定
    • Reed-Solomon符号の最尤復号の一考察
    • 顔認証を用いた自動時間計測機器の提案とプロトタイプによる評価
    • 企業の特質を考慮した組み込みカリキュラム
    • 複数Kinectを用いた次世代RoboCup SSL Humanoidのためのポイントクラウドサーバの提案
    • 3次伸長Reed-Solomon符号に関する研究
    • REMONのデッドロック防止機能セマフォの提案と評価
  • 卒業研究
    • globARhythm!: AR 技術を用いた民族楽器の演奏体験システム
    • レゴマインドストームEV3を用いたステアリング用PID制御ライントレース
    • 肝臓ナビゲータにおける3Dモデルの改良とその精度評価
    • 電子教科書で利用可能な分野判定検索の提案
    • Dockキーボードの操作性評価と改良手法の検討
    • ARM用REMONの提案
    • レスキューロボットコンテストのためのWebRTCを利用したコントロールルーム間通信システムの実装
    • 加速度センサとジャイロセンサを用いた速度計測
    • 無線のジュールの電波伝搬距離とRSSI値の対応データ取得
    • ダイヤルウィジェットを用いたジェスチャ入力による3Dソフトウェアキーボードの設計
    • 雨による自動車事故回避のための降雨判定法の検討
    • Kinect for Windowsを用いた弓道シミュレータ
    • AR技術を利用したコンピュータサイエンスアンプラグド教材の提案
    • 脳波によるネットワークを介した複数のスイッチ操作
    • Arduinoによる学生証を用いた出席管理システムの提案と評価
    • RCサーボ駆動小型ヒト型ロボットのRaspberry Piによる動的歩容生成
    • Ruby on Rails を用いた卒業研究管理 Web アプリケーションの開発

参考: 昨年の「なわてんの様子

 

【開催案内】客員教授 高橋 智隆 先生「ロボットクリエイション」特別講義

20100112ProfTakahashi

日時
2010年1月12日(火)15:10〜16:40
場所
四條畷キャンパス 2号館 2111号室
対象
本学の学生
講演題目
ロボット時代の創造

講演概要

日々ロボット開発に関するニュースを目にし、ロボットを題材にした映画が次々公開されるなど、ロボットへの関心は更に高まってきているようです。 しかしながら、我々の生活の中にロボットが居る時代は、来そうで来ない現状です。 従来の工学の枠を超え、多分野からロボット分野へアプローチすることでロボットの実用化が実現するはずです。 クリエイティブマインドを持った幅広い専攻の学生の聴講を期待しています。

高橋先生の略歴

京大工学部物理工学科メカトロニクス研究室卒業。 2003年ロボ・ガレージ創業。 京都大学学内入居ベンチャー第一号。 関西テクノアイデアコンテスト2001、2002グランプリ。 ロボカップ2004〜2008世界大会で5連覇。 クロイノが米TIME誌の「2004年の発明」に選ばれる。 ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選ばれる。 現在、新聞、TVなどのメディアにもロボットと共に多数出演。 代表作に「クロイノ」,「FT」、共同開発作品に「MANOI PF01」, 「VisiON」,「鉄人28号」,「タチコマ」など。

このページのトップへ